ビジネスマンの基礎!ブラインドタッチの習得法

ブラインドタッチマスターになるためのマル秘練習法

なぜブラインドタッチを身につけるべきか

ブラインドタッチでもっとも重要なのは、「指の位置」です。 もちろんブラインドタッチではほとんど指しか使わないわけですから、指が大切なのは当たり前です。 しかし、実はおそらく皆さんが思っている以上に、ブラインドタッチにおいて指がどこにあるかということは重要なことなんです。

ブラインドタッチで、一番気をつけるべきなのは指の位置!

現代日本で生活するにあたって、コンピュータを全く使わないことはほとんど不可能と言っても良いでしょう。
最近は、スマホやタブレットなどキーボードを使わないデバイスも普及していますが、それでもキーボードで入力するという方法は当分なくなりそうにありません。
事務仕事で書類を作ったり、メールを書いたり、キーボードを叩くことを避けられないシチュエーションはたくさんあります。

そんなときに、キー入力の速さや正確性は仕事の効率性に直結する問題になっています。
キーの入力なんてことは多くの人にとっては仕事の本質と関係ない、瑣末なことであるかもしれませんが、しかしそういったところを改善することによって本来の仕事も効率よくできるようになるのです。

そのために必要なのがブラインドタッチの技術です。
ブラインドタッチとは、手元を見ないでキーを入力することを言い、タッチタイピングとも呼ばれます。
なぜブラインドタッチが良いのかといえば、なんといってもキーの入力が早くなるからです。
もちろんキータッチになれれば物理的な入力も早くなりますが、ブラインドタッチをすることでもっとも嬉しいのは入力のミスを早く見つけることができることです。
当たり前の話ですが、手元を見ながらの入力ではミスタイピングを見つけるのは遅れてしまいがちです。
かといって、文字を一つ一つ入力するたびに確認していたのでは、タイピングの速度は相当遅くなってしまうことは明らかです。
ブラインドタッチを習得すれば、タイピングの速度と正確性の両どりをすることができ、結果的に早く文書の作成をすることができると言うわけです。

ではそんなブラインドタッチをどうやって習得すれば良いのか、まとめてみました。

ブラインドタッチを身につけるための練習方法

ブラインドタッチを全くしたことがない人にとって、初めてブラインドタッチをすることは非常に難しいことです。 なぜならば、どこにどのキーがあるかと言うことがわからなければ、どのように指を動かせば良いかなどわかるはずがないからです。 それをどのように「指に覚えこませる」か、これがブラインドタッチ習得の肝です。

ブラインドタッチの習得のために気をつけるべき点

ブラインドタッチはコンピュータを利用する上で基本的な技術ではありますが、その反面とても専門的な技術でもあります。 ですから、残念ながら一朝一夕で身につくような簡単なものではありません。 また、間違った方法で練習してしまうと、身につけるどころかむしろもっとできなくなる、なんてこともあるんです。