ブラインドタッチマスターになるためのマル秘練習法

>

なぜブラインドタッチを身につけるべきか

ブラインドタッチの核心

ブラインドタッチの練習をするにあたって、最も気をつけるべきなのが「キーボードを決められた指で打つ」ことです。

例えば、「A」のキーボードを打つとき、どの指で打っていますか?
正解は、「左手の小指」です。
もしこれ以外で打っているならば、それはすぐに直すべきです。

基本的に、キーボードの一つ一つのキーにどの指で打つべきかということが決まっています。
「アニメ的」に全てのキーを人差し指で打っていてはもちろんブラインドタッチなど不可能に近いですが、ただ指を使うのではなく、正しい指でキーを打つことを意識しないとタイピングの速度や正確性が落ちてしまいます。

最初は小指や薬指など普段あまり使わない指を使うことに戸惑うかもしれませんが、練習するうちに慣れていくはずです。

まずは「ホームポジション」

「正しい」指でキーを打つためにまず覚えるべきである、「ホームボジション」を紹介します。
ホームポジションは、タイピングの時最初に指を置く場所です。

パソコンのキーボードを触って見ると、「F」と「J」の場所にちょっとした出っ張りがあることがわかると思います。
タイピングのホームポジションは、この「F」と「J」にそれぞれ両手の人差し指を置き、そこから一つおきに中指、薬指、小指をおきます。

タイピングを始める時にはもちろん、キーを打った後は基本的にホームポジションに指を戻すべきとされています。
しっかりと決まった指でキーを押すということが徹底できていれば、ホームポジションから最短距離で指を出し、またすぐ戻ってくるということができます。


この記事をシェアする